読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みどりグミの海外ドラマ感想BLOG

海外ドラマや映画の感想を書き散らしてます

映画「ラ・ラ・ランド」感想

ラ・ラ・ランドを観てきたのでネタバレ感想です。

 

まず、今作に出てくる沢山の古い名作映画はまったく知らないし

ミュージカル映画はほとんど観たことがない私。

劇場で観たのは初めてかも?

 

でも色んな賞をとっているし評判だし予告編でも気になっていたので

ちゃんとミュージカル映画の世界に浸れるかな?と若干の不安を感じつつ

劇場に足を運びました。

 

そんな不安はオープニングで吹っ飛びました。

 

渋滞するハイウェイという現実から突然歌って踊り始める群衆。

一気に惹き込まれます。

 

ミュージカルって急に歌い出すからなんか怖いというイメージも

あれ?なんか楽しいんじゃね?と期待で胸がウキウキ。

 

このシーン、ワンカットで撮影したらしいですね。

素晴らしい。

衣装がカラフルなのもまた楽しかったです。

 

そうして本編が始まるのですが

女優を目指すミアを演じるエマ・ストーンがなんと可愛らしいこと。

コロコロと表情が変わる彼女に夢中になってしまいました。

 

そしてセバスチャンを演じるライアン・ゴズリング

作中のピアノ伴奏は全て自分でやったそうなのですが

結構な超絶技巧を見せ付けていて…すごい。

ちょっとやそっとの修行でこんなの出来ようになる?

さすがプロです。

 

出逢いのシーン、「演奏を聴いたわ…」と言ってセブに声をかけるミア…

これ予告で観たやつ!いきなりブチュってやるやつ!と思ってたら…

 

まさかの肩バンッ

 

そのままミアを無視して立ち去るセブ。

そりゃ店をクビになったばかりですからイラだってるんでしょうけど…

あれ!? チューするんじゃなかったの?と驚きました。

これは予告にまんまとやられましたね。

後ほど、この誤解の理由は分かることになります。

 

出逢いこそ最悪だったもの互いに夢を追う者として惹かれあう二人。

シーンによってミアのドレスのカラーが綺麗でしたね。

オーディションに落ちまくってコーヒーショップでバイトしてるのに

なんであんなにオシャレなドレス何枚も持ってるの?とか

なんでプリウス乗ってるの?とかいうツッコミは野暮ってやつです。

 

そこは映画ですから。夢ですから

 

プリウスだらけのハリウッドはちょっとおもしろかったですね。

実際にセレブの間で一時期プリウスが流行ってたみたいなので

そういうジョークなんでしょうけど。

 

丘の上でのダンス、あの素敵な背景はCGかと思ったら違うんですね!

マジック・アワーと呼ばれる時間帯に合わせて何度も何度もカットを重ねたそうです。

 

二人はデートを重ねることになりますが

ロスを充実しまくってますね~~!!

行きたくなるな~!ロケ地!!

 

セブは売れないジャズを愛する売れないピアニストですが

ミアのために若者向けサウンドなジャズ?バンドに入ってお金を稼ぐようになります。

ライブの時のミアの困惑した表情が良かった。

 

伝統的なジャズを演奏してお店を持つことが夢じゃなかったの?

問い詰めるミア。

ここの喧嘩のシーンはリアルでしたね…あぁ胸が痛い…

セブの気持ちもミアの気持ちも分かるけど

お互い、夢を追う姿を愛したわけですから現状が受け入れられない。

 

ミアはオーディションにも落ち続け、一人舞台もうまくいかず、

自信を喪失して実家へ戻ります。

でも嬉しい知らせがあり…

 

って、ほとんど空席だったあの一人舞台。

大根演技だの、内容も意味分からないと観客にも散々こき下ろされてましたが

それでもプロデューサーの目にとまることってあるんですね。

そんなうまくいく?と、ここで観ている最中に若干冷静になってしまったんですが

まぁおそらくミアは元々実力はあったのでしょう。

これが運を手にした、アメリカンドリームというやつでしょうか。

 

その一人舞台、作中ではさっくり飛ばされてしまってるんですが

見てみたかったな~

 

そして時はあっという間に流れて5年後。

ミアは女優として成功し

大豪邸で可愛い子どもにベビーシッターも居て、そこには素敵な旦那様が…

 

セブじゃない!!

 

喧嘩のシーンあたりから徐々に歯車が噛み合わなくなっていっていた二人でしたが

結局結ばれなかったのですね…

確かにお互いの夢を追うためには関係を続けるのは難しかったのでしょう。

女優に没頭できたからこそミアも成功したのかもしれません。

 

でもミアは夢を叶えたのになんだか心から幸せそうには見えない。

ドレスもシックな黒で大人ですが、どこか寂しそうな…

 

旦那とデート中にたまたま見かけたBARに入ってみると

そこにはミアが考えた「SEBE'S」のロゴが。

そう、セブのお店でした。

 

店内は伝統を大事にしたデザインで、ジャズに溢れていて、セブの理想通り。

でもピアノを弾いているのは別の人です。どうやら雇ってるみたい。

お店は大盛況だが、生活は別に裕福なわけではなさそう。

セブも夢を叶えていましたがある程度妥協していて、やっぱり少し寂しげ。

 

客席にミアの姿を見つけ、セブは懐かしの曲を演奏します。

そこから映像はどんどんミュージカルの世界に入り

女優として活動するミアの側にはセブの姿が…

それは現実では叶わなかった二人の理想の世界でした。

 

その幻覚世界で、例の予告のキスシーンがあったのです!

青いドレスのミアが「演奏を聴いたわ…」とセブに声をかようとすると

情熱的なキス!

 

このシーン、現実じゃなかったのか~~~!

 

最後、店を去るミアとセブが視線を合わせて頷くシーン、切なかった。

お互いに夢を叶えたけどどこか寂しげ、でも満足そうではありました。

二人とも今を受け入れ、後悔はないように感じました。

夢を叶えた相手の姿を確認して安心したのもあったのでしょうか。

 

一部ではセブはミアに未練たらたらという説もあるようですが

そうは見えなかったな~

ミアの成功は知っているだろうし、ミアのポスターも無視してたから

自分の人生をしっかり生きていたのだと思います。

 

二人は結ばれず、ハッピーエンドではなく悲しい結末でしたが

とても楽しい映画でした。

内容も難しくなく、私のようなミュージカル映画初心者には良かったです。

途中で飽きることもなかかった。

 

作中に沢山散りばめられている過去作へのオマージュはさっぱり理解できませんでしたが

それは私が勉強不足ということで…

そこが理解できればもっと楽しめるんだろうなとは思います。

 

とりあえず今はサントラが欲しい……

 

 

 

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

 

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村